歩き出すスタイル

市街地を歩いているいろいろな人を見ていると、それぞれの歩き方や立つスタイルにオリジナリティがあって、なかなか興味深いです。
すっとしてかっこよく歩いている人、ポケットに手を入れて猫背人、壁にもたれて片足に体重をかけてスマートフォンをいじっている人・・・
スタイルって、気にかけてないとなかなか美しく保てないもののようですね。

 

これから歩くことをスタートしようと思っている人も、まずなおしい立ちスタイルから整えていきましょう。
歩くスタイルも気になることろですが、ゆがんだスタイルのまま歩きスタートしても、足腰にリスクをかけてしまうのです。

 

まず、自らの立ち姿を見極めてみましょう。
人は鏡の前に立って自らの姿をみると、気が付かないうちにゆがみを矯なおしてしまうので、できれば他人に自らの立ち姿を見てアドバイスしてもらうことをおすすめします。
片足だけに体重がかかっていると、反対側の膝が曲がり、両肩も水平にはならないのです。
頭もどちらかに傾いてしまっているはずです。
そしてスタイルを整えるのですが、両手を頭の上で手のひらを上にして組みます。
そのまま、かかとを上げて伸びをし、胸を引き上げるようにします。
こうすると、からだの左右のバランスがとれ、肩を開くことで胸部も開いてよいプレスができるようになります。
そしてかかとは上げたままで、両腕を下ろします。
ラストにかかとを下ろします。
このスタイルで歩き出すと、より効き目が上がるような歩くことができます。
そのうえ、このような「頭のてっぺんを上から引っ張られているような」スタイルを保つことで、背筋が伸び、あごが引かれ、骨盤も閉じるため、美容への効き目も期待できます。
痩せる事への道で歩くことを始める人なら、なおさらこの美容への効き目はうれしいですね。
なおしいスタイルは、何も歩く前だけでなく、いつも心がけることがポイントなのです。

 

痩せる方法にも効き目が上がるような歩くこと、スタイルを整えて歩き、美しくバランスのとれたからだを作りましょう。