階段での歩くこと

みなさんは1日に自らが何歩くらい歩いていると思うのですか?
健全な体のために歩くことを心がけている人は、歩数計などを利用しておよその1日の歩数を把握していることでしょう。
日本では、15歳以上の平均歩数は1日7000歩弱となっているそうなのですよ。
かくして年齢を重ねるごとに、その平均歩数は減ってきているのです。

 

いつものワーキングに追われるサラリーマン、家と会社の往復がスタンダードで、会社にいる時間の延長などで疲れ切ってしまい帰って寝るだけ、という暮らしを送っていては、歩くことだなんてわざわざできないと思ってしまうのですよね。

 

けれども、そのいつもの中で、ルートをちょっと変えてみると、1000歩くらいはプラスできるようです。
たとえば社内でのルートをエレベーターから階段に替えてみる、通勤途中の駅でエスカレーターを使わずに階段を上ってみる、などなど・・・
なおさら階段を歩くということは、平地に比べてからだにリスクがかかる分、トレーニングへの効き目もアップします。

 

メタボリックのワードに敏感に反応してしまうサラリーマンの人にも、痩せる方法に効き目が上がるようなルート手段だと言えます。
けれども、アップの階段では心肺メカニズムに、ダウンの階段では足のふしぶしへのリスクが大きいトレーニングになるため、心配のない歩き方を行動する必要があることなのです。

 

階段を上るときは、からだをやや前傾にしながら足の裏全体で着地し、足の親指の付け根を気にして、その上に膝を乗せるイメージで上ると、膝へのリスクが軽減されます。
そのうえダウンの階段では、引力にも助けられて楽に感じますが、勢いよく駆けダウンると膝にインパクトを与えてしまうのです。
そのうえ階段を踏み外して大怪我につながらないとも限りません。
安全に一歩一歩まぎれもなくダウンましょう。

 

「よしっ、今日から痩せる方法だ」とすべての上下ルートを階段に替える必要はありませんが、ところどころで歩くときを増やし、それが習慣化していつもの歩数アップ、健全な体設定につながるとよいですね。