ノルディック歩くこと

最近では、歩くことを習慣にしている人をよく見かけます。
病気にならないからだを作るため、痩せる方法のため、そのうえ高血圧や糖尿病の治療、予防のため、などゴールはさまざまだと思うのです。

 

筋力アップや痩せる方法をゴールとしている人に、ノルディック歩くことというものはどうでしょうか。
ノルディック歩くこととは、簡単に言えば、2本の杖(ストック)を両手に持って歩く方法です。
ちょうどスキーでストックを利用して滑るように、左右のストックで交互に地面を押しながら前に進みます。
ノルディック歩くことでは、腕や上半身の筋肉も利用するため、そのうえストックを振ってリズムを作ることで自然と歩幅も広がり、スタンダードに歩くことをしたときに比べ、40〜50%増しのエクササイズ効き目が望めるそうです。
そのうえ、ストックで体重を支えているため、膝や腰にかかるリスクが軽減されます。
なおさら体重が過多気味で痩せる方法をしようと思っている人には、ストックを利用して足腰へのリスクを軽減できるこの方法はおすすめです。

 

ストックの長さは、身長×0.7がおおよそのことですが、長さを変えることでスピードやトレーニング強度のコントロールも可能です。
慣れてきたら起伏のある自然環境の中での歩くこともよいですね。
ノルディック歩くこと用のストックは、持ち運びができるよう伸縮するものが大部分出ています。

 

今では始める人も増え、ノルディック歩くことの行事や講習会が全国各地で開かれているので、興味のある人はエントリーしてみることをおすすめします。