歩くことで脂肪を燃焼

歩くことが優れた有酸素トレーニングであることは、よく知られていますね。
そのうえ、有酸素トレーニングで脂肪を燃やすためには少なくとも20分以上続けなければいけない、と言われていることも、なおさら痩せる方法中の人なら知っているのかと思うのです。

 

では、有酸素トレーニングによってどのようにして脂肪が燃やされるのでしょうか。
人間がトレーニングをすると、始めは血液中や筋肉中の糖分を筋肉を動かすエネルギーとして利用していきます。
それがなくなると、肝臓から筋肉の収縮に必要な成分(ATP:アデノシン三燐酸)が供給されるのですが、それも貯蔵分を利用してしまうとなくなってしまうのです。
この肝臓貯蔵分がなくなるまでの時計がおよそ20分間なのです。
すると、肝臓は体脂肪を糖分に変換し、筋肉を動かすためにATPの供給を継続していくため、脂肪を燃焼できるのです。

 

そのため、有酸素トレーニングで脂肪を燃焼するためには20分以上、できれば30分間がゴールとなります。
効率よく脂肪を燃やすためには、血流を盛んにしておくことが欠かせないことなのです。
歩くことを行動する前に、十分なウォーミングアップをして血流をよくしておくことがキーポイントで、十分なウォーミングアップができていれば、1回に10分の歩くことを3回に分けて行なっても効き目があるとも言われているのです。
始めから「30分間歩こう」と気合を入れて、あげくの果ては続かなければ価値がないのです。
痩せる方法でも健全な体設定でも、歩くことを継続してこそ効き目があるものです。

 

無茶せず、徐々に時計を増やし、最終的に30分以上をゴールにして歩き出してみることをおすすめします。