赤筋を育てよう

私たちのからだを動かす大きな務めを果たしているものに「筋肉」があることなのです。
筋肉には、自ら動き継続していく心筋、血管や胃腸を収縮させる平滑筋、骨を動かすことでからだの動きをつくる骨格筋の3タイプがあることなのです。
さらに骨格筋には、白筋(速筋線維)と赤筋(遅筋線維)があり、一般の人はこれらの割合がおよそ半々です。
けれども筋力や瞬発力系のアスリートでは白筋の割合がやや大部分なり、マラソンなどの持久力系のアスリートでは赤筋の割合が困難で大部分白筋との比が4:1ほどにもなります。

 

赤筋は酸素を取り込むための毛細血管が大部分、赤く見えるため赤筋と呼ばれます。
赤筋は、長時計のトレーニングを可能にして持久力をキープすることに優れています。
長期間海を回遊するマグロの身が赤いのも、そのためです。
そのうえ赤筋は、血液により運ばれてくる酸素を利用して脂肪を分解し、エネルギーを生産する能力の高い筋肉です。
そのため、トレーニングをして痩せる方法を成功させたい人は、赤筋を鍛えて育てることで、効率的に脂肪を燃焼することができるのです。

 

有酸素トレーニングである歩くことを長い期間継続をしていると、赤筋が発達してきます。
赤筋が発達すると、同じトレーニング量でもエネルギー消費量が大部分なるため、太りにくいからだを作ることができます。
赤筋は、いつもからスタイルを正すことを気にするだけでも鍛えることができるため、なおしいスタイルを設定しながら全身を利用して歩くことをすることは赤筋を鍛えるための最適なトレーニングと言えそうです。

 

歩くことを行動することで赤筋が鍛えられ、基礎代謝がアップし、さらに歩くことの効き目が向上する・・・
痩せる方法だけでなく、年をとってもトレーニング能力を設定できるように、歩くことを継続できるとよいですね。